代表格のひとつ|二人の幸せを導くリング|婚約指輪が愛を物語る
ハート

二人の幸せを導くリング|婚約指輪が愛を物語る

代表格のひとつ

ダイアモンド

婚約指輪や結婚指輪をなどブライダルジュエリーを提案しているブランドとして知られているのがラザールダイヤモンドです。ラザールダイヤモンドでは美しさへと高い品質への追求がなされています。用いる原石は正八面体の形をしたオクタヘドロン、貴重で珍しいこの形こそが仕上がりの核となっているのです。また丁寧な研磨も見逃せないポイント、独自の研磨剤で磨かれたダイヤモンドは表面にムラがなく顕微鏡でみても滑らかさを実現しています。またラインアップも豊富に存在しており、独創的なデザインを提案しているようです。ウェーブラインのクーパーズやVラインが指をキレイに見せてくれるマルベリー、複雑に絡み合う蔦をイメージしたゴージャスなアイヴィ32などがあります。

ラザールダイヤモンドはカッティングの魔術師と称されたラザール・キャプランによって設立されました。その後は卓越した技術を駆使し、世界初の偉業を次々と成し遂げ着実な成長をみせていったのです。そして生み出された理想のカットがアイディアルメルク、数学的理論の観点からアプローチされたものでわずかな光があれば、しっかりと輝きを放つとされています。そして現在では当たり前となっているダイヤモンドを評価する上で欠かせない4C、もともとはカラット・カラー・クラリティの3Cだったのですがラザール・キャプランによって4つ目のCであるカットを提案され受け入れられることになるのです。またラザールダイヤモンドはオンラインでも求めることができます。